商品の型崩れを防ぐ

ブランドアイテムの型崩れの直し方

そろそろクローゼットの中のブランド品を処分しようと考えている人の中には、ブランド買取店で売ろうと思っている人もいるかも知れません。しかし、クローゼットにきちんと保管していなければ、洋服やバッグが型崩れを起こしていて、お店へ持って行くのはちょっと恥ずかしい…と感じることもあるでしょう。そんな時でも、お手入れをして型崩れを直せば、元の状態に戻ることもありますよ。

衣類はスチームアイロンを使ってシワや型崩れを整えたり、ウールコートなどのデリケートな素材の洋服は、浴室に吊るしていれば、蒸気の効果で軽い型崩れなら簡単に綺麗に直ることがあります。バッグの場合は、中に新聞紙や紙をまるめてパンパンに詰め、数日間風通しの良い場所に置いておくと型崩れは直るケースもあるので試してみてください。

ブランドアイテムの型崩れを防止する方法

ブランド品を高く売るには、査定時に印象が良くなるように、ブランド品を良い状態にしておくことが肝心です。型崩れが目立つブランドアイテムは、使用感があると見られて査定時はマイナスポイントになる可能性が高くなります。洋服やバッグは、普段から保管状況を良くしておくことが大切なポイントで、型崩れを起こさないように注意して保管するようにしましょう。 洋服は、ジャケットやシャツ、コートなどは畳んでしまうと折りシワがついて、型崩れが起きてシルエットが悪くなります。ぎゅうぎゅうに詰めずにゆとりのあるスペースでハンガーにかけておきましょう。バッグの場合は、吊るして保管すれば型崩れは防げますが、バッグのハンドル部分が伸びてしまうため、バッグキーパーや新聞紙を丸めて入れて、自立して収納するようにします。