商品の付属品を揃える

価値が損なわれないうちに早めに売る

せっかく贈り物で貰ったブランドバッグやアクセサリー、衣類も「好みが変わった…」「サイズが合わなかった…」などの理由で身に着ける機会が減ることもありますよね。また使う機会があるかも知れないと、しまいっぱなしになっているパターンも多いでしょう。中古業界では高い価値のあるブランド品も、そのまま放置していれば、価値が下がることもあります。保管環境が悪ければ、バッグにカビが生えたり、アクセサリーが変色することもありますし、虫食いで衣類に穴があいたりなど、品質も悪くなります。また、ブランド品は発売日に近いほど高く売れる傾向があります。売ろうと考えている物があれば、商品の価値が下がらないうちに早めに買取に出す決断をしたほうがよいでしょう。

付属品があればプラス査定を狙いやすい!

どうせブランドジュエリー品を売るなら、ちょっとでも高く買取してもらいたい!と思いますよね。そんな時は、簡単にできる高価買取のコツの一つである、付属品を一緒に揃えて売るという工夫をしてみてはどうですか?ブランド品を貰った時、購入した時に、商品と一緒に付属していた保証書や袋、箱なども一緒に査定に出すだけで、買取UPを狙えます。保証書があれば、本物のブランドの商品かという証明になります。中古品を買う側にとって、保証書が無い場合、商品が本物のブランド物かどうか心配になりますが、保証書があるだけで安心して買えるでしょう。 そして、袋や箱があれば、ホコリや汚れ、キズの予防にもなります。本体だけで売られている商品より、ブランド名が入った高級感のある箱や袋が付いていた方が見た目も良くなるので、査定時にプラスポイントになります。